HAPPY CHALLENGE COMPANY

CROSSTALK

社員対談

mv

PassenPassen 店長×チーフ対談

新人から先輩まで
みんなが成長できる組織力

  • 八田 久梨子 Passen事業部 音更店 チーフ
  • 福光 泉 Passen事業部 イオン帯広店 店長
対談メンバー
  • mem1
    八田 久梨子
    Passen事業部 音更店 チーフ

    帯広南商業高等学校卒業
    2010年新卒入社、音更店に配属。2013年、イオン帯広店に異動になり2015年にサブチーフに昇格。2016年にチーフに昇格し、音更店へ異動。

  • mem2
    福光 泉
    Passen事業部 イオン帯広店 店長

    北海道音更高等学校卒業
    2011年新卒入社、音更店に配属。同年イオン帯広店に異動し、2015年からサブチーフに昇格。2017年より現職。

title1

先輩社員から新人まで
フラットな雰囲気がある

Q.現在、担当されているお仕事内容を教えてください。

  • yada
    八田
    Passen音更店で、幅広い世代の女性に向けて接客をしています。接客以外には、売場替えや追加発注などのお店づくりのことや、後輩スタッフの指導などをしています。具体的には、週に一回売場替えがあるので、担当しているブランドのマネキンの着せ替えをして季節や気温に合わせてコーディネートを組むということもしています。
  • fukumitsu
    福光
    私はイオン帯広店で店長をしています。お客様がいつ来ても気持ち良くショッピングできるように、メーカー新作のコーディネートを組んだり、品出し・POP作りなどをしています。店長としては、スタッフのモチベーションをうまく引き出せるようなコミュニケーションも大事にしています。週の終わりには売れた商品や売れそうな商品を自分たちで予測して追加発注し、お客様が求めているものを提供できるように考えています。
q1

Q.仕事感、やりがいはありますか?

  • yada
    八田
    スタッフ全員が働きやすい環境を作るということを考えて売場に立っています。私が新人の時の先輩がすごくベテランで、なかなか聞いたり相談することができずにいた経験があって。自分がトップになった時に、スタッフみんなが気軽に相談できる存在でありたいなと想いがあったので、今はフラットな雰囲気作りを目指しています。また、ダイレクトにお客様に声が聞けることがやりがいですね。「ありがとう」という一言をもらえるだけで嬉しいですし、また来てくれるお客様がどんどん増えていくことがすごく原動力になっています。
  • fukumitsu
    福光
    幹部になる前はお客様第一で、喜んでいる顔やオーラを見られたことに満足していたのですが、幹部になってからは後輩の指導で成長した部分を見られることにやりがいを感じています。
q2

Q.配属当初についてのことを教えてください

  • yada
    八田
    アルバイト経験もなかったので、ヨシモトが初めての社会人経験でした。ミセス層のお客様との接客で、言葉遣いや応対の仕方に戸惑いましたね。先輩の接客をよく見るようにしてて、「この年齢層のお客様にはこういう接客が適しているのか」というのを日頃から学んでいきました。先輩がすごく仕事ができたので、そこを目指して頑張ろう!という気持ちで仕事をしてましたね。
  • fukumitsu
    福光
    私も八田さんと同じで、先輩社員の姿を見て、行動や考え方、接客の仕方を吸収してました。
q3
title2

スタッフの「やりがい」を考えた
環境づくり

Q.Passenで働くことについて

  • yada
    八田
    Passenは女性スタッフだけなのですが、私が想像していたアパレルのイメージよりもスタッフが本当に仲が良く、お互いに刺激になる存在で雰囲気も良いです。働きやすい環境だと思います。
  • fukumitsu
    福光
    Passenだけではなく会社全体に言えることですが、帯広音更に長く親しまれているからこそ、お客様とのつながりも強いです。例えば、少し前までご両親と一緒に来ていた小・中学生だった子が、今大学生や社会人になって一人で来てくれたりと。そういうお話を聞くこともあって、地元で長くやっているからこそ生まれる信頼があると感じます。
q4

Q.お互いに聞いてみたいことはありますか?

  • yada
    八田
    店長になって一番心がけていることはありますか?
  • fukumitsu
    福光
    前まではお客様重視の視点で仕事をしていましたが、それ以外にもお客様に来ていただくためにどうしていくべきかを考えています。お店や売場だけのことではなく、スタッフが仕事をしてくれるからこそPassenがあると思うので、スタッフたちがやりがいを感じる環境づくりに気をつけています。
  • yada
    八田
    そうですよね、私も音更店のトップとしてどうお店を運営したらよいか悩むことが多いので、福光さんのいうことをアドバイスとして吸収したいなと思います。
  • fukumitsu
    福光
    仕事を8年続けてこられた秘訣を教えてください!
  • yada
    八田
    正直、辛いこともあったけど、一緒に働くスタッフやお客様の笑顔を見て、もっと頑張ろうという気持ちになれたことが続けてこられたと思います。そこが一番の秘訣です(笑)
  • fukumitsu
    福光
    そうなんですね、私も周りのスタッフや環境が良かったからこそ、ここまで続けてこられたのかなと改めて思いました。
q5

Q.成長したなと感じるエピソードはありますか?

  • yada
    八田
    数字に向かって仕事をしている中で「もっとこうしたらよくなるのでは」ということをスタッフに伝えて、みんなで協力して思っていた方向に進んだときですかね。今期に入って、スタッフみんなで数字に対して厳しくいこうっていう風に目標を掲げたんですけど、そこに向かって目標を口に出して言う事で意識付けができるようになったところが大きいかなと思います。そのおかげで今の所毎月目標達成ができているのかなと思っています。
  • fukumitsu
    福光
    最初苦戦していた接客も、ずっと続けることでお客様との距離も縮まってきたと感じています。お客様の方から私の名前を覚えてくださったり、「来月イベントいくから福光さんに服選んでほしい」ということもあって、すごく嬉しかったと同時に成長したなと感じました。
q6
title3

もっとPassenを広げていきたい

Q.今チャレンジしていること、これからチャレンジしたいこと

  • yada
    八田
    運営面に関して、スタッフ一人一人の成長を見てそれにあった指導をしていくということが課題で、今も試行錯誤しながら挑戦しています。みんなで成長できるような環境作りをやっています。あとはPassenを広げていきたいなと考えてます。SNSや口コミなどを通して、お客様を増やしていきたいなと。
  • fukumitsu
    福光
    常に考えていることですが、お客様一人一人に合ったワンランク上の接客ができるように日々チャレンジしています。これからはPassenで売っているブランドの知名度だけではなく、スタッフのセンスを売っていきたいなというのはすごくあります。ブランドを求めて買いに来るのではなく「あのスタッフのセンスがいいから」とか「Passenのセンスがあるから買いたい」と思っていただけるお客様を増やしたいと思います。
q7

Q.これから応募しようとしている方へメッセージ

  • yada
    八田
    私はアパレルは大変そうだなというイメージがあったのですが、服が好きだったり、Passenも利用していたこともあり、一歩前に踏み出して入社しました。入ってみて感じたのは、アパレルに対する考えも変わり、自分のセンスもあがることが楽しくなってきました。やりたいことができる会社なので、チャレンジしてください!
  • fukumitsu
    福光
    自分たちの手でお店を作って、販売して、という責任感はありますが、その分お客様からの「ありがとう」という言葉や笑顔を見られる喜びや感動があります。そういったやりがいがたくさんあるので是非味わってほしいなと思います。
q8