HAPPY CHALLENGE COMPANY

CROSSTALK

社員対談

mv

Return To Work復職社員対談

仕事と家庭の両立ができる
復職しやすい環境づくり

  • 寺井 利早 Passen事業部 パート
  • 平緒 咲 総務部DC チーフ
対談メンバー
  • mem1
    寺井 利早
    Passen事業部 パート

    2002年入社。
    2003年に結婚のため退社、2016年に復職。

  • mem2
    平緒 咲
    総務部DC チーフ

    2009年入社。
    入社時にDC(ディストリビューションセンター)に配属され、2012年にサブチーフ、2013年にチーフに昇格。2015年に結婚で退社。2017年に復職。

title1

長く働ける会社であること

Q.現在、担当されているお仕事内容を教えてください。

  • terai
    寺井
    私はPassenでボトムとオズモーシスなどの2つの部門を担当しています。アパレルなので接客が主な仕事ですが、売場作りや商品の追加発注なども行います。
  • hirao
    平緒
    DCで商品の発注書を入力しメーカーに出し、届いた商品を検品・値付け・発送を行います。各店の商品の移動処理や返品や差し替えなど、メーカーと店舗のやりとりを一括して行うのがDCです。チーフとして、DCで働きやすい環境作りを目指して日々取り組んでいます。
q1

Q.入社当初で働いていた時と復職までの流れを教えてください。

  • terai
    寺井
    高校を卒業して入社した時は、SWEAT事業部に配属されました。まだまだ若く社会経験もなかったのでいろいろと教えていただいたことを覚えています。その後、結婚して退社しましたが、子育てをしながらいろいろなアパレル関係の仕事をしていました。30歳を過ぎて、10年後の自分を想像した時に、10年経っても働いていたい会社はどこだろうと考えるようになりました。特にアパレルで働く女性にとって、将来30代~40代で働ける環境や雰囲気があるお店か、ということが気にするところだと思うんですよね。40歳の人が働いて良い雰囲気のお店なのか、20歳の若い女性のお店なのか…、みたいな。そういうことを考えた時に、ヨシモトには幅広い世代のお客様がいらっしゃるので、長く続けられると思いました。
  • hirao
    平緒
    私も18歳で入社して何も社会について知らなかったのですが、会社に育ててもらい、良い同期にも恵まれました。結婚を機に退社した後、子供も生まれ家庭に入って。でも同期や会社の人と会う機会があったのでお話しているうちに、またパートとして働かせていただけるようになり今に至ります。会社に必要とされていることだったり、自分が少しでも力になれればという思いで復職しました。
q2

Q.DC(ディストリビューションセンター)の移転時に平緒さんが中心となって動いてくれたと聞いております

  • hirao
    平緒
    そうですね。社長や役員を交えた会議が毎月あって、今後どうしていけばよりよく事業が回っていくのかを考えました。過程や道筋を一緒に考えていくことができて、当事者として意見を言わせていただいたり、実行したり…すごく良い経験をさせていただいたなと思います。大変でしたけど(笑)3年経って戻ってきて今同じ環境で仕事をしていますが、「もっとこうしたい」ということが更に見えてきたので、これからの課題だと思っています。
q3
title2

復職しやすい環境が整っている

Q.復職後、周りの反応はどうでしたか?

  • hirao
    平緒
    私は、会社が忙しい時期に戻ったのが大きいとは思いますが、会社のスタッフや社長からは本当に「ありがとう」と言って迎えてもらえて。その分、しっかり期待に応えないとなと気を引き締める思いでした。
  • terai
    寺井
    想像以上に温かく迎え入れてもらたと感じます。退職したのが16年前だったので、今知っているスタッフは数名しかいないんですけど、初めて会った若いスタッフ達にも、すんなり受け入れてもらえました。知らないスタッフなのに、やはり会社に戻ってきた安心感もありました。
q4

Q.仕事と子育てのために意識していることは?

  • terai
    寺井
    子供が中学生と小学生高学年なので大きくなってるんですよね。あまり家庭に入って家事をするよりも、自分の居場所だったり成長できる場所が欲しかったので、個人としての充実はしています。ただ、家のことも限られた時間の中でやらなくてはいけないので頑張ってます。同じ子育ての悩みを持ったお客様もいらっしゃるので、共感できる話題で盛り上がったりなど、話しやすいなとは思います。仕事に慣れるまでは扶養の範囲内で働かせてもらってたのですが、1年くらい経った時に会社や家族と相談し、もっと働きたいと思って出勤日数を増やして働いています。
  • hirao
    平緒
    私の場合はまだ子供が小さいので、子供と一緒に過ごす時間を大切にしています。会社にも理解をしてもらっていて、仕事の時間を調整させてもらっていますね。まだ扶養の範囲内で仕事させていただいています。

Q.今後の目標やキャリアについて

  • terai
    寺井
    子供が大きくなってきているので、今後自分の時間が多くなってくる時期に向けてのキャリアプランを考えて仕事をしています。接客の仕事は覚えるだけではなく、もっと自分が成長しないといけないので常に考えていますね。
  • hirao
    平緒
    チーフとして働かせていただいているのですが、若いスタッフがどんどん成長できる場をつくっていきたいと考えてます。人が育つ環境づくりが今の課題です。
    寺井:10年後は、やっぱり子供メインだった生活が自分の時間に変わっていくと思うので、そのタイミングまでは地道に仕事をしていきたいかなと。
q5

Q.ヨシモトってどんな会社ですか?

  • terai
    寺井
    初めて就職した会社なので、ここが全てでした。「社会はこういうものなんだ」っていう括りができたんですけど。違う会社で働いた経験から今思うことは、ヨシモトには「厳しさ」はすごくあると思って、その分「自由さ」も同じくらいあります。他のところだと、自由だけど厳しさがなかったり。仕事としてきっちりやるべきことが明確になっているし、自分が思ったことにはどんどんチャレンジさせてくれる自由さがあるなとすごく感じます。それが一番のやりがいかなって。
  • hirao
    平緒
    ヨシモトを退職した後、一時期バイトをしたことがあったんですけど、すごく暇だと感じてしまったんですよね。その職場の人は忙しいって言ってたんですけど、自分は仕事量が少ないからどんどん仕事見つけてやってて。そのバイトを辞めた後に、また手伝いに来て欲しいって言われたことがあったんです。でもその仕事に向き合う考え方はヨシモトで身についたんだと思います。ヨシモトでは楽しんで仕事ができたし、その環境が整っていたと改めて感じました。
q6